歴史あるすっぽんを下田の大自然の中で、餌にもこだわった最高の品質。下田すっぽん養殖場

ただ今、稚亀販売中!どんなことでもお問い合わせください

2017.04.26
記録更新です。!
みなさん、こんにちは。お久しぶりです。
さて、先日親亀槽の一つを堀上調査しましたところ・・・出ました!大物!
♀メスのスッポンで重さは何と9.5kgでしたー!!今までの調査で最大です(これまでの記録は8.0kg)
このでかさになるとスッポンというより何か別の動物のようです。

まぁ元々大きなサイズが入っている水槽なので、ある程度は予想していたんですがびっくりしました。
この大きさからしてかなりのご高齢であると思われ、十分に親亀の役目を果たしてくれたのだと思います。
ご苦労様でした。


2017.01.01
謹んで新年のお祝辞を申し上げます。
旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も相変わらず、よろしくお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


2016.08.31
稚亀 発売!
みなさんこんにちは。 更新遅くなりましたが今年も7月中旬より稚亀の孵化が始まっています。
昨年に比べ数量・サイズともに良好で毎日ご覧のとおりでーす。(写真)
是非お問い合わせください。
よろしくお願い致します。

TEL:0558-22-8171


2016.06.03
産卵開始です!
早いもので今年ももう産卵の時期となりました。今年の夏は例年に比べ暑くなる予想なのでたくさんの卵を産んでくれると期待しております。順調にいけば45日前後で孵化しますので、7月中旬から下旬頃には元気な稚亀が誕生する予定です。

今年も卵と稚亀を販売する予定です。一般の方から同業者様まですべての方へ販売を致しますので是非お問い合わせください。
よろしくお願い致します。


2016.04.06
当養殖場から車で5分、下田駅近くを流れる稲生沢川沿いには270本の染井吉野が咲く桜並木があります。現在は満開となり見ごろを迎えております。静岡気象台によりますと、今年の開花は昨年より5日、平年より2日遅いそうです。

さて、桜の開花について調べてみましたところ「400℃の法則」というものがあるらしいのですがみなさんはご存知でしょうか?桜は春が近づく2月1日以降の毎日の平均気温を積算して400℃に達したころ開花することが多いためこのように言われているそうです。


2016.01.01
謹んで新年のお祝辞を申し上げます。
旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も相変わらず、よろしくお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


15.10.21
スッポン稚亀発売中!!(残り少なくなってきましたのでお早めにどうぞ)
まずは稚亀を購入していただいたみなさまどうもありがとうございます!
さて、稚亀の販売は現在も継続中なのでサイズ等のご説明を致します。
・現在販売している稚亀は10g程度(500円玉より少し大きいくらい)のものです。
・当社のスッポンはニホンスッポンです。
・オスメスの指定はできません。
・全国どこにでも発送いたします。
・死着保障はございません。
ざっとこのような感じです。他になにかありましたらどのようなことでもお気軽にお問い合わせください! TEL 0558‐22‐8171
それではお問い合わせお待ちしております!


15.05.21
前回ご紹介しました陸ガメがとても好評でしたので、今回はリーダーのゾウガメをアップにしてみました。存在感ありありですね。
前回は一番奥で今ひとつ目立っていませんでした。
ところで、こちら下田では先週末に恒例の「黒船祭り」が開催されましたが、今年はあいにくのお天気で少々残念な思いをされた方もいらしたのではないでしょうか。
6月は「あじさい祭り」と「きんめ祭り」が同時開催されます。ぜひまたお立ち寄りください。
養殖場では、親亀の水槽で産卵の気配です。いよいよ今年もシーズン到来です。
稚亀の予約を受け付けています。どうぞよろしくお願いします。


15.04.20
本日は弊社養殖場のマスコット、4頭の陸ガメをご紹介します。
春の訪れとともに目を覚まし、天気のいい日に日向ぼっこをしている姿はとても気持ち良さそうで…   ついこちらまでウトウト…。
餌は地元スーパーの協力で(いつもありがとうございます)多い日は20Kgをペロリとたいらげてしまいます。
力強い陸ガメを見習い今シーズンもスタッフ一同頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
今年も稚亀販売を継続します。


15.03.26
新年度を迎え入学式や社会人として新たな一歩を踏み出す時期となりました。
露地池にも春の訪れとともにアメンボやカエルが顔を覗かせております。
スッポンも起き始めたようで水に濁りが出てきました。冬のあいだは底土に潜って冬眠しているので水は透き通っています。
夏にはいつも通り産卵が始まることをスタッフ一同楽しみにしております。稚亀の販売は今年も予定しておりますのでよろしくお願いいたします。


15.01.01
謹んで新年のお祝辞を申し上げます
旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も相変わらず、よろしくお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


14.11.01
皆様こんにちは。寒い季節がやってまいりましたがいかがお過ごしでしょうか。
本日、『めぐみカレー』を新発売いたしました。
これは、私たちが日々丹精込めて育てたスッポンを職人さんの手で丁寧に捌いてもらい、有機野菜と一緒に煮込んでつくったレトルトカレーです。スッポンの濃厚で上質な味を楽しんでいただける逸品に仕上がりました。
ご購入は当ホームページ以外にも、ヤフーショップ、道の駅(開国下田みなと)、駅前の普論洞さんなどで販売いたしております。
頑張った自分へのご褒美に、また家族だんらんの場で是非ご賞味ください。


14.9.5
皆様こんにちは夏の暑さもやわらいできましたが、いかがお過ごしでしょうか。
6月初旬に始まった産卵は、現在7万個にまで達しました。稚亀匹数は現在2万匹を超え、すくすくと良く育っております。また、昨年誕生した先輩亀も大きく成長しております。
弊社養殖場では年間を通じて安定出荷を行うために良好な環境、良質な飼料配合など、様々な工夫を取り入れ育成を行っております。
これから秋・冬のシーズンに向け、良質なスッポンを御用意し提供してまいります。


14.07.24
皆様こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。
梅雨が明け暑い夏がやってまいりました。
こちらは土地柄週末にもなりますと地元海水浴場では家族連れなどで賑わいを見せております。
一方弊社養殖場でも例年より少し早く孵化が始まり、多くの稚亀が誕生して連日大いに盛り上がっております。それにしても暑いです。
そして、沢山の稚亀の誕生とその成長を願い、タッフ総出で管理に毎日汗だくの状況です。
同業者様へは稚亀の販売もいたしておりますので、どうぞお問い合わせくださいませ。


14.06.18
今年は産卵が去年よりも一週間から二週間程度早く始まりました。
例年と比べても早く予想外だった為スタッフも驚きました。
そのため、孵化に必要な砂の準備や器具の消毒を急ピッチで行ない、何とか間に合わせることができました。
稚亀は約45日で誕生しますので、今はその間を利用して放流水槽の整備を進めている最中です。特に今年は大掛かりで、地元の業者さんに依頼して冬期用の温水配管を交換するなどして放流に向けた準備を行っております。
スタッフ一同、元気いっぱいの稚亀の姿を期待しつつ作業に励んでおります。


14.05.11
GWもあっという間に過ぎ去り、人々の生活は落ち着きを見せておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
当養殖場では、今年もたくさんのスッポンを育てたいとの願いから、昭和59年に蓄養用(出荷時収容)として建設した水槽を地元の業者さん協力のもと、スッポンにストレスを与えないよう工夫を凝らしたこだわりの育成水槽としてこのほどリニューアルいたしました。
工事完了後、底砂運搬、餌台の据え付けなどスタッフ総出で作業を行い早速スッポンを放流しました。大きくなった水槽で今年も、のびのびと育てたいと思っております。


14.4.24
新年度を迎え入学式や新社会人として新たな一歩を踏み出す時期となりました。
当社場内の山にも竹の子が出はじめ新しい季節を感じることができます。イノシシの出没により荒らされた箇所もありましたが今年も無事に収穫することができました。
全国で収穫される竹の子の種類は、孟宗竹、真竹、淡竹などがありますが、当処では真竹が多く自生しております。タンパクな味わいながら、甘味が多く地上に出る前の竹の子ですとアクがあまり無くお刺身またはそのまま焼いて頂けます。
アクを抜く方法として米ヌカと一緒に竹の子を煮るとえぐみが減りおいしく食べられます。竹の子は今が旬です。


14.03.11
暦の上では立春を迎え寒さが和らいできました。
河津町、南伊豆町では(河津桜)が満開となりお花見を楽しむ人々で賑わっております。
サントピア下田ではフキノトウが沢山生息しており収穫はまだ、と伝えてくる様にも見えます。
皆様はフキノトウの料理で思い浮かぶモノはありますでしょうか?
定番ですと天ぷら、フキ味噌にあたると思いますが・・・?
ちなみに皆様は、フキノトウの栄養価を御存じでしょうか?フキノトウにはビタミン、カルシウム、クロロゲン酸など様々な成分が詰まっています。
そのなかのクロロゲン酸は苦み成分でありまして老化、ガンに対しての予防をするといった働きがあるようです。
私は苦手ですが健康の為に食べようと思っております。
皆様もぜひ一度旬の山の幸【フキノトウ】を味わってみて下さい。



14.01.01
謹んで新年のお祝辞を申し上げます
旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も相変わらず、よろしくお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。



20013年の情報はこちら